よつはレディースクリニック志木

〒353-0004 埼玉県志木市本町5-25-8 ドゥーセットビル3階
048-423-6428

よつはレディースクリニック志木

不妊症・AMH(アンチミューラリアンホルモン)

不妊症

不妊症とは、妊娠を希望して、1年間性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立を見ないことと定義されています。原因として、受精卵の卵管通過障害や着床障害、排卵障害、内分泌ホルモン異常等、専門的に色々と考えられています。検査をして、原因が分かることもありますが、検査をしてもよく分からないことも往々にしてあります。
近年は、自費の検査でありますが、卵巣予備能(妊娠できそうな卵胞がどの程度残っているかの指標)を見るAMHなどの検査もあります。
治療法としては、ご自宅でできる基礎体温計測や尿検査から、排卵日を推定して行うタイミング法、クリニックに通院しながら卵胞径を超音波検査で計測して行う(必要に応じて排卵誘発剤を併用)タイミング法、人工授精、卵胞刺激剤等を併用した体外受精、顕微授精等があります。(当院では、不妊相談や超音波検査、尿検査等を使用したタイミング法、人工授精(必要に応じて排卵誘発剤を併用)を中心にした治療を行っております。
体外受精が必要と思われる方や、早期に体外受精までステップアップした方が良いと思われる方については、不妊症専門の治療施設をご紹介させていただきます。最初から不妊症専門の治療施設に通院されることは、いささか敷居が高いように感じられて通いにくい方や、まずは相談や検査からという方には、当院はピッタリだと思います。)

AMH(アンチミューラリアンホルモン)

AMH(アンチミューラリアンホルモン)は、卵巣内で発育過程にある卵胞の顆粒膜細胞で産生され、分泌されるホルモンです。卵巣の予備能を評価する検査です。
分かりやすく言い換えると、卵巣の中に、どれくらい卵胞が残っているかを見るための検査です。あくまでも妊娠に関わることが出来そうな卵胞の数をみているので、低いからといって妊娠できないわけではありません。妊娠に関わる卵胞の質を見ているわけではないのです。ただ、AMHが低値の場合、最初から不妊症専門の治療施設に行かれることをお勧めする場合もあります。
妊娠のことでお悩みの方は、一度検査されることをお勧めします。